[1] アメージング・グレイス // Amazing Grace

[2] カッチーニのアヴェ・マリア // Caccini's Ave Maria

[3] てぃんさぐぬ花 // Tinsagu nu hana [The Balsam Flowers]

[4] 涙そうそう // Nada Sou Sou [Tears for You]

[5] ヴォカリーズ // Vocalise

[6] 白鳥 // The Swan from "Carnival of the Animals#

[7] 主よ人の望みの喜びよ // Jesu,Joy of Man's Desiring

[8] 彼方の光 // Far Away

[9] 1900のテーマ // 映画《海の上のピアニスト》より // 1900's Theme from "The Legend of 1900"

[10] ハナミズキ // Hanamizuki

[11] 花は咲く // Flowers Will Bloom ~Hana wa Saku~

[12] ノクターン第2 変ホ長調 // Nocturne No.2 in E-flat major op.9-2

[13] 私のお父さん // 《ジャンニ・スキッキ》より // O mio babbino caro from "Giannni Schicchi"

[14] 間奏曲 // 《カヴァレリア・ルスティカーナ》より // Intermezzo from "Cavalleria Rusticana"

[15] ノクターン第21 嬰ハ短調(遺作)A管・B管〉 // Nocturne No.21 in C-sharp minor op.posth


内容紹介

「忙しい現代人が疲れたりストレスがたまったり悩んだときに、少しだけ助けになる」ことを願い、日本クラリネット界の重鎮・藤井一男が全身全霊を賭したアルバムの誕生。数十枚に及ぶアルバム制作経験の末に、そして東日本大震災の後に、藤井が自らのクラリネット人生の到達点として見出した「人々の心に響く魂の音をクラリネットで奏でたい」という、シンプルな願いに共鳴する16曲が、金山徹の書き下ろし編曲によって命を吹き込まれる。まさに命を削るように音楽と向き合う藤井の演奏を支えるのは、娘の藤井裕子が奏でるきめ細やかなピアノ。魂が共鳴する親子共演からは、誰が聴いても心癒される、あたたかい音楽の「絆」が聞こえる。

メディア掲載レビューほか

日本クラリネット界の重鎮、藤井一男が全身全霊を賭したアルバム。数十枚に及ぶアルバム制作の末に、そして東日本大震災の後に、藤井が自らのクラリネット人生の到達点として見出した人々の心に響く魂の音を奏でたいという、シンプルな願いに共鳴する楽曲を、金山徹の全曲書き下ろし編曲により収録。まさに命を削るかのような藤井の演奏を支えるのは、娘の藤井裕子が奏でる決め細やかなピアノ。20152月録音。 (C)RS


クラリネットの音色、響きが生かされたアレンジですので、コンサートや発表会にオススメの曲集です。

マッチングCDもコジマ録音からリリース。

著作権の都合によりCDに収録されている「イエスタデイ」は、楽譜には掲載されていません。

仕様:菊倍判縦/64ページ (別冊パート譜24ページ)

監修:藤井 一男

編曲:金山

グレード:中級

編成: クラリネット/ピアノ

収載曲 [15曲を収載]